耕地利用

農地水保全管理 

安曇野市農業再生協議会非常勤職員の募集について

安曇野市農業再生協議会では、非常勤職員を募集しています。

 

1募集期限

令和2年12月2日(水)必着

 

2仕事の内容

多面的機能支払交付金事業に関する事務 その他関連する業務全般を行っていただきます。

 

3賃金

時給951円

 

4勤務時間等

週4日勤務、8:30から16:30の7時間(昼の休憩時間60分)

 

5勤務場所

安曇野市役所 耕地林務課

 

6書類送付先

〒399-8281

安曇野市豊科6000
安曇野市役所農林部耕地林務課内 安曇野市農業再生協議会 採用担当あて

 

7その他

業務にはワード、エクセルの他専用システムを使用します。
経験は問いませんが、パソコン(エクセル、ワード)操作のできることが必要です。


8応募書類

申込書(履歴書兼用) ←ここからダウンロードできます。

安曇野市5地域多面的機能広域協定運営委員会 正副会長 会計庶務 第1回合同会議を開催しました

CIMG8288

 令和3年度以降の広域協定運営委員会の参加活動組織の事務軽減について協議するため、令和2年10月20日(火)に安曇野市5地域多面的機能広域協定運営委員会 正副会長 会計庶務 第1回合同会議を開催いたしました。
 令和3年度以降、農地維持支払・資源向上支払(共同)に伴う活動記録等の書類の集計、日当の口座振替等を順次進めていくこととし、広域協定運営委員会に参加することで参加活動組織の事務負担を軽減して円滑な組織運営ができるように支援して事業を推進していきます。

令和元年度 多面的機能支払管理集落連携部会研修会を開催しました

CIMG6772
 安曇野市農業再生協議会内多面的機能支払管理集落連携部会(会長 水谷太一)では、令和元年11月28日(木)穂高交流学習センター 「みらい」多目的交流ホールで本年度の研修会を開催し、市内56組織の役員約120名が参加しました。
 研修会では、平成30年度に広域協定運営委員会を発足させ、活動組織の事務軽減等について先進的な取り組みをしている上田市から講師を招き、上田市役所 農林部 土地改良課主査・下村亮さんにより、「上田市における活動組織の広域化の経過と現状」と題した研修を受講しました。
 安曇野市の多面的機能支払交付金事業は、平成26年度に農地水保全管理支払から多面的機能支払への制度改正を契機に、新たに多くの組織が活動を開始し、1期目の5年計画を昨年度終了し、令和の幕開けと伴に2期目の活動を継続しています。
 しかし、活動組織役員の高齢化や事務を担う人材の不足等、活動の継続に支障をきたしており、安定的な運営が課題となってきております。
 こうした状況を改善する手段の一つが、活動組織の広域化でありますが、安曇野市農業再生協議会内多面的機能支払管理集落連携部会では、4年ほど前からは広域化に向けた勉強会を開催するなど、活動組織の広域化の検討を重ね、本年度、1組織は営農組織が中心となった広域化、その他4組織は市が中心となった広域組織運営委員会の設立に至りました。
 しかし、広域化の枠組みはできましたが、広域化による事務軽減等のメリットが当初から十分に各組織にもたらされてない現状があります。
 水谷会長は、活動組織役員の高齢化や事務を担う人材不足といった悩みを抱えている団体もあるとし、「どうしたらそのメリットが出せるか研究してほしい」とあいさつで呼びかけていました。
 研修会では、また、松本地域振興局 農地整備課 地域整備係技師・松本賀治さんから、「令和元年度の主な制度改正等」についての説明もありました。

平成30年度 多面的機能支払管理集落連携部会 代表者会議を開催しました。

平成30年5月30日(水)ビレッジ安曇野にて多面的機能支払管理集落連携部会 代表者会議を開催
しました。
会議では多面的機能支払管理集落連携部会の平成29年度事業報告や平成30年度事業計画などが協議
され、いずれも承認されました。 また、本年度の制度の変更点の解説や交付金の交付日程、活動
全般についての説明がありました。
会議後半では市内活動組織の多くが本年度で5年の活動期間を終え、来年度からの新たな活動を
計画し始めるこの時期に併せて、事務処理の負担軽減や組織間における連携の強化、安定した組織
運営等を目的とした「組織の広域化」について長野県農業農村多面的機能発揮促進協議会の田中事務
局長から講義をいただき、これからの5年間、更にはその先の地域農業の将来も見据えていく重要な
一年が本格的にスタートしました。

この一年間の事業計画は次のとおりです。
・6月~7月  第1回各地域部会及び組織担当者説明会(本庁舎ほか各地域の会場)
⇒以後、適宜開催
・9月~11月 活動組織事前確認指導(市内)
・未定    県による中間確認指導(市内)
・10月下旬  技術研修会(市内)
・H31.1月  平成30年度新規組織対象説明会(本庁舎)
・H31.2月  実績報告審査(本庁舎)
~3月
H30 代表者会議写真

平成29年度 多面的機能支払管理集落連携部会 第1回代表者会議を開催しました。

平成29年6月6日(火)ビレッジ安曇野にて多面的機能支払管理集落連携部会 第1回代表者会議を開催
しました。
会議では多面的機能支払管理集落連携部会の平成28年度事業報告や平成29年度事業計画、多面的機能
支払管理集落連携部会設置要綱の一部改正などが協議され、いずれも承認されました。
(同)要綱の一部改正では連携部会内に常任委員会および地域部会を設置することが盛り込まれ、今後
は活動組織における事務処理の負担軽減等を目的とした広域活動組織の設立や市内活動組織の地域を
またいだ情報交換の動きが活発化します。

この一年間の事業計画は次のとおりです。
・6月~7月  第1回常任委員会(本庁舎)
・6月~7月  第1回研修会(本庁舎ほか)
・7月~
 H30.1月  常任委員会・地域部会(本庁舎ほか)
・9月~10月 活動組織事前確認指導(市内)
・未定    県による中間確認指導(市内)
・10月下旬  第2回研修会(市内)
・H30.1月  平成29年度新規組織対象説明会(本庁舎)
・H30.2月  実績報告審査(本庁舎)
 ~3月

平成29年度 多面的機能支払管理集落連携協議会 地域会議を開催しました。

 多面的機能支払管理集落連携協議会 地域会議を平成29年 4月11日(火)を皮切りに市内5地域
で開催しました。
 今回の会議では、市内の多くの活動組織の皆さまも苦慮されている事務処理の負担軽減等を目的に
国が推進している「広域活動組織」の設置等について本年度、検討するための地域部会を立ち上げる
こととなり、その構成員となる常任委員及び部会長を選出いただきました。

選出の結果は次のとおりです。
≪豊科地域≫  全14組織中  常任委員3名(上鳥羽地域農地・水・環境保全会、飯田環境保全
               会、踏入農環共同活動組織から各1名)
               うち、部会長1名(上鳥羽地域農地・水・環境保全会)
≪穂高地域≫  全15組織中  常任委員4名(等々力地区農村環境向上保全会、TDファイブ、
               柏原豊穣環境保全協議会、コンコン島環境保全会から各1名)
               うち、部会長1名(今後、常任委員間で協議のうえ、決定予定)
≪三郷地域≫  全 7組織中  常任委員2名(上長尾環境保全活動組織、中萱環境保全会から
               各1名)
               うち、部会長1名(上長尾環境保全活動組織)
≪堀金地域≫  全 8組織中  常任委員2名(下堀環境保全会、田尻環境保全協議会から各1名)
               うち、部会長1名(下堀環境保全会)
≪明科地域≫  全 7組織中  常任委員2名(宮中農地水保全管理支援活動組織、上押野地域
               環境保全協議会から各1名)
               うち、部会長1名(宮中農地水保全管理支援活動組織)

平成27年度多面的機能支払管理集落連携協議会第2回研修会を開催しました。

多面的機能支払管理集落連携協議会 第2回研修会を、平成27年10月29日(木)に安曇野市豊科田沢(徳治郎地籍)で開催しました。
今回の研修は、用水路の目地詰め補修作業を行い、午前・午後の2回の研修に23組織60名の方に参加いただきました。

≪参加組織≫
(午前)徳治郎環境保全会、柏原豊穣環境保全協議会、上原環境保全会、豊里環境保全協議会、TDファイブ、耳塚農村環境保全会、住吉農地・水保全管理組合、田尻環境保全協議会、明科潮地区活動組合、中村・神谷農地・水環境保全組織、第二拾ケ堰環境保全会、中信平左岸の会【順不同】

(午後)熊倉環境保全会、真々部地域農地・水・環境保全会、下鳥羽農地水・環境保全の会、中曽根地区農地・水・環境保全会、等々力地区農村環境向上保全会、コンコン島環境保全会、下堀環境保全会、中堀地域環境保全協議会、塩川原農地・水路・環境を守る会、荻原地区環境保全協議会【順不同】

≪当日の研修会の様子≫

CIMG1714
<会長挨拶>

CIMG1756
<補修前>

CIMG1759
<作業中の様子①>

CIMG1768
<作業中の様子②>

CIMG1734
<補修後>

長野県農業農村多面的機能発揮促進協議会に係る事務研修会が開催されます。

長野県農業農村多面的機能発揮促進協議会による事務研修会が、下記の日程で開催されます。なお、研修会の対象者は、平成26・27年度の新規活動組織等となっております。

                  記

■日程
平成27年11月24日(火)
【午前の部】10時~12時 【午後の部】14時~16時
■場所
松本合同庁舎 203会議室(2階)
■対象者
平成26・27年度に採択された活動組織、市町村担当者
■研修内容
事業制度の概要、必須活動や必要書類、対象活動、長寿命化の工事手順等について
■その他
(1)この研修会に係る旅費は、農地維持支払から支出可能です。
(2)持参する書類
 ・活動計画書、平成26年度活動実績書類、総会の資料、工事に係る関係書類

平成27年度多面的機能支払管理集落連携部会第2回研修会を開催いたします。

平成27年度多面的機能支払管理集落連携部会
第2回研修会(現場研修会)が下記の日程で開催されます。

           記

■日時    平成27年10月29日(木)
       【午前の部】 午前10時より 
       【午後の部】 午後 1 時30分より
■場所    安曇野市豊科田沢(徳治郎地籍)
■研修内容  用水路目地補修について
■その他
(1)雨天の場合は、10月30日(金)に順延されます

↓昨年度の研修会1
CIMG0878
↓昨年度の研修会2
CIMG0229

農業用水路・ため池での水難事故防止について

 全国的に農業用水路・ため池での水難事故が報告されています。
 台風時期は農業用水路・ため池の水位が上昇し、水の流れが速くなったりするため、とても危険です。
 事故を起こさないためにも、農業用水路等の管理者におかれましては、以下の点にご注意ください。

(1)常に気象情報に注意し、農業用水路・ため池の巡視及び点検をお願い致します。

(2)台風接近・大雨時に、農業用水路・ため池に近づくのは大変危険です。点検を行う際は、安全が確保されてた後にお願い致します。

  皆様のご協力をお願い致します。

【参考】
02【リーフレット】ため池の安全管理は大丈夫?